時津風親方悪質な隠ぺい工作、立件即解雇




カテゴリ


[PR]



2007年09月28日(Fri)
時津風親方悪質な隠ぺい工作、立件即解雇
時津風親方悪質な隠ぺい工作、立件即解雇
(日刊スポーツ)

 大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(当時17=本名・斉藤俊さん)が兄弟子らから暴行されて死亡した問題で、事件後、時津風親方(57=元小結双津竜)が隠ぺい工作を図ろうとしていたことが27日、明らかになった。この日、時太山の父正人さん(50)が都内で会見。「(遺体を)火葬すると言われたけど『それは困る』と断った」と赤裸々に明かした。また日本協会は、同親方が逮捕された場合、即刻解雇する方針を固めた。

 遺族の口から悪質な「事実」が明かされた。公の場に初めて姿を見せた正人さんは、悲しい記憶をたどりながら、愛息が亡くなった6月26日の、時津風親方とのやりとりについて口を開いた。

 正人さん 全部任せてくれと言われた。全部って何だろうと思って兄さんに電話してもらったら「骨にしてよこす。火葬してよこす」と。「それはちょっと困るから」と言いました。通常ではありえないと思います。

 顔面が腫れあがり耳は裂け、肋骨(ろっこつ)が折れていたとされる遺体。その遺体を荼毘(だび)に付して送るという、常識では考えられない不可解な申し出。遺族への搬送前、体中の傷を隠すための「火葬」と思われても致し方ない。正人さんも時津風親方の隠ぺいの意思について「今となっては、そうかもしれない」と顔をしかめた。

 遺族の不信感は遺体と対面し、さらに膨らんだ。26日深夜、葬儀業者2人とともに新潟へ無言の帰宅。「遺体を見て『なんで?』と思った。全体的に傷がひどく、あとはやけどのようなあとがあった」(正人さん)。翌27日、同親方が後援会関係者とともに訪れてきたが、正人さんは「(死亡の原因は)ただ通常のけいこの中で、としか言わない。納得はいかなかった」と振り返る。

 一部週刊誌で暴行疑惑が報道された8月、同親方は慌てて「線香をあげに来ました」と訪問してきたという。そのとき初めて「私がビール瓶で殴った」という告白を聞かされた正人さんは「頭がポカンと。開いた口がふさがらなくて、次の言葉が出てこなかった」と視線を落とした。急場しのぎの言葉を並べる同親方の誠意ない対応に、遺族の怒りは増すばかりだった。

 また事件後、同親方から慰謝料の支払い提示があったかについて、同席した冨田烈弁護士(38)は「その件については今後にかかわる話なので、お話はできません」と否定しなかった。火葬して証拠を隠滅しようとした上に、金銭で解決を図ろうとした疑惑も浮上。角界史上類のない汚点を残す問題の裏に、悪質な隠ぺい工作が隠されていた。「(暴行が)あったらあったとハッキリ言ってもらいたい。真実を知りたいんです」。正人さんの悲痛な叫びは届くのか−。廃車 引き取り
にきび
国民共済
ティラピス
http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/sports/osports/p-sp-tp1-070928-0018.html


   





カレンダ
2007年9月
           
28
           

アーカイブ
2007年 (29)
6月 (11)
7月 (11)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (1)
11月 (1)
2008年 (1)
7月 (1)
2009年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:24,965