結婚式 - 2009

結婚式について


カテゴリ


[PR]



2009年08月12日(Wed)▲ページの先頭へ
迎え火

迎え火
12日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のおかざりとお供えをすませ、13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆堤灯に火をともします。
・そして家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)にオガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃し、その場で合掌します。これを迎え火といい、オガラを燃したその煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるのを迎えます。(おがらは最近ではスーパーなどでも手に入るようになっています。最近では「焙烙(ほうろく)」と呼ばれる素焼きの皿がありますので安全に迎え火をたくことができます。)

※盆の入り(13日)の夕方、家の前で火を焚き祖先の霊を迎える。これが迎え火。

◆送り火
家に迎えた精霊を今度は送り火をたいてお墓に帰っていただきます。
迎え火をたいた同じ場所で16日(又は15日)オガラをつみ重ねて送り火をたきます。
http://www.choutin.com/obon/sitteru-okuribi.htm

ためになりますね。


官僚たちの夏
レポート見本
じゃらんネット
中古マンション 沖縄
中古マンション 鹿児島
中古マンション 長崎
中古マンション 大分
中古マンション 高知
中古マンション 熊本
中古マンション 佐賀
中古マンション 福岡


   





カレンダ
2009年8月
           
         

アーカイブ
2007年 (29)
6月 (11)
7月 (11)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (1)
11月 (1)
2008年 (1)
7月 (1)
2009年 (1)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:24,965